マイナビエージェントは経営企画や事業企画に有利?強みと弱みを徹底解説!

4 min 64 views

マイナビエージェントとは

「マイナビエージェント」は20代~30代に特化した国内最大級転職エージェントです。

IT系の求人が多いことでも知られていますが、経営企画や事業企画等といった管理部門系の職種の求人も保有しています。転職エージェントの質が良く、丁寧にコミュニケーションしてくれることでも有名です。

初めて転職活動をしてみる20代から30代前半の方にとっては心強い味方になってくれるでしょう。

マイナビエージェントに登録する。

↑ ↑ ↑ クリックして登録

マイナビエージェントの強み3つ

マイナビエージェントの強みは3つあります。

  • 若手の求人が多い
  • IT・金融・電気系の業界に強い
  • 転職エージェントが丁寧

強み1:若手の求人が多い

マイナビエージェントは若手をターゲットとしている転職サービスだと言われています。若手とは20代から30代を指しています。

特に第二新卒と呼ばれるレベルの25歳前後の転職にはかなり強みがあり、若手の求人数が多いです。

強み2:IT・金融・電気系の業界に強い

下図はマイナビエージェントの公式が発表している情報です。

業種別の割合(左)を見ると、保有求人数のうち、「IT・通信系」が30%、メーカーが25%と半数以上を占めています。IT系や機械・電気系のメーカーに強いのが特徴です。また、金融・コンサルティング系の転職にも強みがあります。

マイナビエージェントWebより抜粋

職種別の求人数(右)を見ると、「管理部門全般」が約10%あります。この中に「経営企画」や「事業企画」といった職種が含まれます。経営企画職を狙うことも可能です。

全国展開しているため、東京だけでなく、関西圏や地方都市の求人もあるので、最大手のリクルートエージェントだけでは物足りないという地方転職希望者はマイナビエージェントにも登録しておきましょう。

マイナビエージェントWebより抜粋

強み3:転職エージェントが丁寧

そして、最も有名なのが「転職エージェントが丁寧」だということです。

外資系の転職エージェントなどだと、面接対策や履歴書のチェックなどはほとんどしてくれません。一方で、マイナビエージェントなら転職エージェントがしっかりと横について履歴書チェックや面接対策を行ってくれます。

夜間や土日でも転職エージェントがメールや電話で対応してくれる。面接練習をしてくれる。履歴書チェックを行ってくれる。ここまで細かくやってくれる転職エージェントは少ないです。

特に「転職未経験者」には手厚くサポートしてくれます。

初めての転職する人に特におすすめです。

マイナビエージェントの弱み2つ

マイナビエージェントには2つの弱みがあります。

  • 経営企画に特化していない
  • 40代以上には向いていない

マイナビエージェントは経営企画の求人を取り扱っていますが、経営企画職の転職に特化していません。保有している求人数であればリクルートエージェントの方が多いですし、高年収を狙うのであればJACリクルートメントの方が狙いやすいです。

マイナビエージェントだけでなく、リクルートエージェント等といった他の転職エージェントにも登録しておくことをおすすめします。

一番良いのは、まずマイナビエージェントで初めての転職を経験し、1~2回面接を受けてみて、そのあと、より幅広く他の転職エージェントを使っていくという「戦略」です。

また、40代や50代にはマイナビエージェントをおすすめしません。35歳以上の方はマイナビエージェント以外を使うといいでしょう。そちらの方が管理職やエキスパートの求人数を多く保有しているからです。

35歳以上の場合、JACリクルートメントランスタッドリクルートエージェントMS-Japan等を使うことをおすすめします。

マイナビエージェントの利用に向いている人の特徴

こんな人がマイナビエージェントの利用に向いています。

  • 25~35歳で経営企画・事業企画を目指したい人
  • IT系の業界で企画職を狙いたい人
  • 面接対策や履歴書チェックをしてほしい人
  • 地方転職を狙う人

何度も言いますが、マイナビエージェントは若い人がおすすめです。

また、35歳を過ぎていても、IT・通信系の企業への転職を狙うのであれば、登録してみても構いません。IT系やベンチャー系にはかなり強いため、高齢であっても可能性があります。

面接対策や履歴書チェックを丁寧にしてほしいという希望を持っている人は、他の転職エージェントと併用しながらマイナビエージェントを活用するという方法もアリです。

地方在住の人やUターン転職を狙う人は登録する価値があります。リクルートエージェントに次ぐレベルで地方の求人を保有しているからです。一部重複があるかもしれませんが、マイナビエージェントに登録しておいて損はないでしょう。

マイナビエージェントの利用に向いていない人の特徴

マイナビエージェントに向いていない人の特徴は下記のとおりです。

  • 絶対に高年収でないと嫌な人
  • 絶対に管理職でないと嫌な人
  • 40歳以上の人

高年収を強く希望する人は向いていません。高年収とは「年収1,000万円を狙う」というような人のことです。マイナビエージェントを利用する場合、主なターゲットは「年収600万円前後のホワイト企業への入社」です。

若手をターゲットにしているため、管理職の求人は少ないかもしれません。絶対に管理職でないと転職したくないという人は他の転職エージェントにも登録すべきでしょう。

40代以上の場合も同じです。40代以上の場合はJACリクルートメント等に登録すべきです。

20~30代はマイナビに登録しよう!

あなたが25歳~35歳であれば、マイナビエージェントへの登録を強くおすすめします。

今、会社に対して不満を抱いていると思います。

  • 給料が低すぎる
  • ブラックすぎる勤務が辛い
  • 体育会系の気質が嫌だ
  • 年功序列で嫌になる
  • もっと戦略を立てたいのにさせてくれない
  • 経営者と話をしたいのにさせてくれない

こういった悩みを解決するのであれば、マイナビエージェントに登録しておくべきです。

マイナビエージェントは大手の転職エージェントなので、質の良いホワイトな企業への転職をあっせんしてくれます。

ゆったりとしたホワイトな勤務、同期と比べると高めの年収、風通しのいい職場・・・そういった要望を取り入れた上で、転職先を探してくれます。

もう今の会社にいるのは嫌だという人は、だまされたと思って登録してみて下さい。絶対に良いことがあります。転職を経験してみると、自分のスキルとキャリアの見直しになります。

転職エージェントの登録・利用は無料です。転職エージェントというサービスがあるのに使わないのは損です。転職活動をしてみるのが嫌なら、とりあえず登録だけしておいて、求人情報だけもらっておけばいいのです。

一番もったいないのは「いい求人が流れてしまう」ことです。

ホワイトな大企業、年収700万円の経営企画職の求人が流れてしまう・・・いまそういう状況かもしれません。

もったいないです!まずは登録だけしておきましょう。

マイナビエージェントに登録する。

↑ ↑ ↑ クリックして登録

関連記事