むかつく上司へ仕返しする方法3つ

4 min 40 views

むかつく上司はどの職場にもいます。そして、むかつく上司に仕返しをしたいという気持ちは誰でも持っています。

しかし、その場で怒りの感情を上司にぶつけても、あなたが損をするだけです。

「仕返し」は、上手にやらないと意味がありません。

今回はあなたができるだけ得をするような上司への仕返しの方法を教えます。

結論「転職する」のが一番。

結論、転職するのが上司への一番の仕返しです。

部下でいる限り、あなたの仕事の頑張りは全て上司の手柄です。あなたが上司に協力したくない、もう働くのが辛すぎると感じるのであれば、今すぐ転職サイトに登録して転職活動を開始すべきです。

一番おすすめの転職サイトは「リクルートエージェント」です。

人材系で最大手企業であるリクルート系列の転職サービスです。数ある転職サイトで最も保有求人数が多く、転職実績もあります。

「非公開求人」を多く保有しているため、年収を上げる転職をすることが可能です。

今すぐ登録する人はリンク先から登録して下さい。

リクルートエージェントの登録はこちら。

むかつく上司への仕返し方法

むかつく上司に仕返しする方法は大きく3つあります。

一つ一つ説明します。

1位:転職する

おすすめ度:★★★★★

転職するのが一番おすすめです。

上司への仕返しとして一番効果的なのが「上司のいないところで、自分が幸せになること」だからです。

そして、一番成功する確率が高く、すぐに実行することができるのが転職です。

転職すると、上司は3つのダメージを負います。

一つ目が評価です。部下の転職は上司の評価項目の1つです。あなたが転職すると、その年の上司の評価とボーナスを2ランクほど下げられる確率が高いです。直接のダメージを与えられます。

二つ目が業績です。あなたの仕事していた分が抜けてしまうため、その年の業績は悪化するでしょう。かなりのダメージになります。

三つめが噂です。あなたが辞めると「あの上司はヤバイらしい」という噂が広がります。他の部下も辞めてしまう等といった連鎖退職にもなります。

転職は、今から将来にわたってずっと上司にダメージを与え続けられるのです。

2位:異動・出世する

おすすめ度:★★★★☆

異動・出世するのが二番目のおすすめです。

これも「上司のいないところで、自分が幸せになる方法」だからです。

ただし、この方法は実現がかなり難しいです。

具体的には、上司の上司である部長や役員に相談するという方法になりますが、上司の処罰だけに終わってしまい、異動させてくれるかどうかは分かりません。

下手をすると「俺をチクったな」と上司に嫌われることにも繋がり、リスクです。

また、上司を利用して出世に使うという方法も考えられますが、数年はかかる方法です。今むかついている人にとっては待てない長さです。

今の会社がお金をたっぷりくれている、安定していてつぶれる心配がない等のメリットが無い限り、この方法はおすすめしません。

3位:上司を通報する

おすすめ度:★★★☆☆

上司を通報するのが三番目のおすすめです。

これは、単に上司を糾弾する方法です。大手企業だと「通報窓口」というものがあり、人事部に直通のコンプライアンス電話がつながるようになっています。パワハラやセクハラ上司の場合、ここに通報すると一発でお叱りを受けることになります。しかし、中小企業だと通報窓口自体がないこともあります。

通報は極めて手っ取り早く上司を処罰できる方法です。通報された上司はすぐ部長や役員に呼ばれ、評価を下げられます。

しかし、実は「通報」にもリスクがあります。

あなたの評価が高くなることはないし、下手すると上司にあなたが通報したことを気づかれる可能性もあります。

通報リストを部長以上に裏で開示している会社もあります。その場合、通報した瞬間、上司の評価が下がるとともに、あなたの評価も下がります。「会社に盾突きやすい人間だ」というフラグがたちます。

あなたは会社に居られなくなるでしょう。

なので、上手な人は「通報」と「転職」を同時に使います。

通報した後、転職を上司に告げてサヨウナラするのがスカッとするパターンです。

上司理由の転職は多い

転職で一番多い理由が「上司がムカつく」という理由です。

退職理由の本音ランキング(リクナビNEXT調査)

  • 1位:上司の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
  • 2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
  • 3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
  • 4位:給与が低かった(12%)
  • 5位:仕事内容が面白くなかった(9%)

上司との折り合いが悪いから転職を検討するのは、普通のことです。特にそれで転職を考えてもおかしくありません。むしろほとんどの人が1回は上司がムカついて転職を考えたことがあるくらいです。

会社には「上司ガチャ」と呼ばれる用語があります。

部下は上司を選べません。良い上司・悪い上司に当たるかどうかは運次第です。これをくじ引き(ガチャ)に例えて皮肉的に表現したのが「上司ガチャ」です。

転職をすると上司をリセットすることができます。

その場合、転職先でまた悪い上司に当たると良くないので、転職エージェントにしっかりと相談する必要があります。転職エージェントは転職先トラブルを避けたいので、パワハラ人間がいるような会社はまず紹介しません。

転職サイトに登録するだけで「仕返し」になる!

転職サイトに早めに登録しておくと気が楽になる転職検討は早めに始めないと手遅れになります。

いま転職する気がなくても転職サイトに登録しておいた方がいいです。なぜなら、ストレス・疲労が限界に達すると転職サイトに登録する気力すら無くなるからです。

今は大丈夫と思っていても、疲れがたまってくると本当に動けなくなります。

意外と、今大丈夫だと思っていて、ずっと上司のわがままにつきあっていたら、いつのまにかうつ病になっていたという人も多いです。

転職サイトに登録して、気になる求人情報をストックしておくだけでも【転職という選択肢】が出来て、過労で倒れる前に転職という手が打てるようになります。

「私はいつでも転職していなくなってもいいんだぞ」という可能性を持っておくと、自然と仕事に自信をもつこともできます。

自信がつくと、パワハラな上司にも押し負けなくなります。いいことづくめです。転職サイトは登録無料です。あなたの条件にあった新しい求人や転職可能なおすすめ求人票がメールで届くため、今は転職できなくても登録しておくべきです。

おすすめの転職サービスは「リクルートエージェント」

おすすめはリクルートエージェントという転職エージェントです。

おすすめする理由は日本で一番保有求人数が多いからです。20万件以上の求人を保有しています。他の転職エージェントの保有数が数万件なので、10倍以上の差があります。

リクルートエージェントは名前の通り、日本最大手の人材企業リクルートグループに所属しています。

業界や職種のマッチングが容易です。良い上司の企業を紹介してくれる可能性もアップします。とりあえず待ちの姿勢で登録しておくならリクルートエージェントです。

今、年収もアップする優良企業の求人が締切間近かもしれません。もったいないです!損する前に登録しましょう。

リクルートエージェントには、高年収の非公開求人や、大手企業の求人が沢山あります。

一度登録しておくと、担当のエージェントがついて、希望に合った求人を紹介してくれます。現在あまり興味が無くても一度登録しておくといいでしょう。

  • 上司が危なくない企業
  • ホワイトな企業
  • 給料が高い企業
  • 残業代の出る企業

そういう希望をしっかり伝えておくと、いくつもの候補を提示してくれるでしょう。

登録して、あなたにマッチする求人票が来ると、自信がわきます。

  • 「自分はこんなに必要とされている」
  • 「今の会社以外でも自分はやっていける」
  • 「上司にうるさく言われているのが馬鹿らしい」

次第にそういう風に俯瞰的に自分を見つめることができます。

そのうち、上司に対して「いつでもこんな会社辞めてやれるぞ」「まぁ、この上司も役員から色々言われてる可愛そうな人なんだな」などと、余裕を持つことができるでしょう。

そして、本当にムカついたら、その時に転職エージェントに対して「辞めます」と言えばいいのです。

幸せの第一歩を掴むためにはまず登録してみることが重要です。

一番もったいないのが、ずっと上司にムカついて悶々としていることです。馬鹿な人のことでずっと気を病むことほど、人生を無駄にしていることはありません。

一歩を踏み出さないと、損で、もったいないです。

そして、実はその間に高年収でホワイトな求人が流れて行っているかもしれません。

本当にもったいないです!

まずは無料の転職エージェントに登録してみましょう。

リクルートエージェントの登録はこちら。

↑ ↑ クリックして登録。

関連記事